女性のひとり旅!一度は行っておきたいおすすめの旅行先の国ランキングスリー

未分類

たまには一人で誰も知らない場所でのんびりした時間を過ごしたい。

女子ならそんな風に思うことも一度や二度ではないはず。

自分のことを誰もしらないところに。
一人でふわっと旅に出たい。

でも、女子だからこそ心配なこともありますよね。
ましてや海外の国となると。

では、女子がひとり旅をするのであれば、どこの国がおすすめなのでしょうか。

そこで今回はひとり旅女子にうってつけのおすすめの旅行先ランキングスリーを紹介します。

  1. 第3位:マルタ島
    1. マルタ島の良い点
      1. 英語が通じる
      2. 世界遺産の街並みがあり歩いていて楽しい
      3. 有名なブルーラグーンという海がある
      4. ヨーロッパ人が多く一人でいても気にならない
      5. 若い人から中高年まで幅広い人が楽しめる
      6. 一週間からの短期留学もあるので英語を学びながら観光することもできる
      7. 全体的に治安がよい
    2. マルタ島の悪い点
      1. 暑い
      2. マルタ風邪というのが有名で体調を崩す人が多い
  2. 第2位:ベルギー(ブリュッセル)
    1. ベルギーの良い点
      1. ベルギーチョコ、ベルギーワッフル、ムール貝、ベルギービールなど飲食を楽しめる
      2. ブリュッセル中央駅周辺は深夜まで安全
      3. ブリュッセル中央駅周辺は見所が多く徒歩でも楽しめる
      4. ブリュッセルから電車で色々な都市に行くことができ便利
      5. オランダやフランスなど周辺国への訪問も可能
      6. 駅の窓口やホテルのスタッフ、店員さんなど観光地の人がみんな親切
    2. ベルギーの悪い点
      1. ブリュッセルの中央駅以外は治安が良くない
  3. 第1位:フランス(パリ)
    1. フランスの良い点
      1. 有名な美術館・観光地が多い
      2. 美術館や公園などは一人でゆっくり満喫するが好きな人には向いている
      3. 一人で入れるお店が多い
      4. 買い物も楽しめる
      5. モンサンミッシェルやワイン畑などパリからのツアーが充実している
      6. 場所を選べば安全なので深夜でも一人で楽しめる
    2. フランスの悪い点
      1. パリの北側は治安が悪い
  4. まとめ

第3位:マルタ島

まずは良い点から。

マルタ島の良い点

英語が通じる

マルタ語と英語が公用語なのでほとんどの人が英語を話せます。
バスの路線が多く島も小さいので移動が便利。

Googleマップで路線検索もできるので計画を立てやすく、バスの運転手さんも親切なので迷うこともないです。

回数券や一日券などもあるので利用頻度によってお得に移動ができます。

世界遺産の街並みがあり歩いていて楽しい

世界遺産のバレッタは石造りの街並みですがカラフルな出窓の建物があったり写真映えする通りがあります。

内装が美しい聖ヨハネ大聖堂やマヌエル劇場が見所です。

街のまずれにある戦争博物館ではマルタの戦争の歴史を知ることができます。

有名なブルーラグーンという海がある

めちゃくちゃ綺麗な海です。
ぜひ一度みにいってみてほしいです。

ヨーロッパ人が多く一人でいても気にならない

日本人が少ないので気まずい思いをしないで周りを気にせずに過ごせます。

若い人から中高年まで幅広い人が楽しめる

若い人が集まるクラブや繁華街もありますが、国全体としては落ち着いて長期滞在の欧米人も多いようです。

現地で開催されているツアーは数も多く年齢問わず楽しめるようになっています。

一週間からの短期留学もあるので英語を学びながら観光することもできる

語学学校が多く一週間から入学可能なところがあります。

一日の授業時間がそれほど長くなく半日のコースもあるので学校に通いながら遊ぶことが可能です。

学校に入学する場合、学校開催のツアーもあり授業時間を考慮しつつ通常のツアーより安く参加できます。

また、同じクラスの生徒と仲良くなり一緒に過ごすのもよいかと思います。

全体的に治安がよい

住宅街でやや治安が悪いところもありますが、昼間はどこでも女性一人でも歩くことができ全体的には治安がよいです。

次にマルタ島の悪い点です。

マルタ島の悪い点

暑い

日焼け止めは必須です。

一日外にいる場合には、サングラスと帽子もあった方がいいです。
日傘を差しているひとはほとんどいません。

マルタ風邪というのが有名で体調を崩す人が多い

滞在期間中、知り合った人の8割くらいの人が体調を崩していました。

私も日本ではほとんど風邪をひかないのですが、二週間の滞在中に風邪をひきました。

第2位:ベルギー(ブリュッセル)

ベルギーの良い点

まずは良い点から。

ベルギーチョコ、ベルギーワッフル、ムール貝、ベルギービールなど飲食を楽しめる

ベルギーチョコ屋さんは街中にあります。
ひとつから購入可能なのでいくつかお店を回って食べ比べたりできます。

私のお気に入りはブリュッセルではないのですが、ブルージュにあるDumonです。
ベルギービールは種類が多くカフェやバーなどどこでも飲むことができます。

ブリュッセルでは、有名な小便少女像の通りにビールが豊富なバーがありおすすめです。
ワッフルやムール貝のお店も多く、こちらも食べ比べなどして楽しむことができます。

ブリュッセル中央駅周辺は深夜まで安全

ブリュッセル中央駅周辺は深夜まで安全なので中央駅周辺のホテルに宿泊すれば早朝から深夜まで楽しめるます。

ヴィクトル・ユゴーが世界一美しいと称賛した広場というグランプラスは早朝の誰もいない時間帯や夜のライトアップまで一日何回訪れても楽しめる場所です。

治安がいいので人が少ない時間帯を狙ってみるのもよいですよ。

ブリュッセル中央駅周辺は見所が多く徒歩でも楽しめる

グランプラスや小便小僧、王宮、美術館など徒歩圏内に見所が多く便利です。
アール・ヌーヴォー建築も有名なので歩きながらチェックするのも楽しいです。

トラムに乗る必要がありますが世界遺産のオルタ邸の建築は入場も可能で美しく見応えがあります。

ブリュッセルから電車で色々な都市に行くことができ便利

水の都といわれるブルージュやフランダースの犬で有名な大聖堂があるアントワープなど電車で日帰り可能です。

オランダやフランスなど周辺国への訪問も可能

私は時間がなく行けなかったのですが、オランダやフランスへも日帰り観光する人が結構いるようです。

駅の窓口やホテルのスタッフ、店員さんなど観光地の人がみんな親切

どこに行っても現地の方や観光客の方もみなさん親切でいやな思いや困ることがなかったです。

ベルギーの悪い点

次に悪い点です

ブリュッセルの中央駅以外は治安が良くない

ブリュッセルは中央駅以外は治安があまりよくないらしいです。

なので行く場合は注意しましょう。

第1位:フランス(パリ)

まずは良い点から。

フランスの良い点

有名な美術館・観光地が多い

ルーブル美術館やオルセー美術館、エッフェル塔や凱旋門など訪問しきれないほどの数の有名な観光すポットがあります。

ひとりでいても退屈する暇がありません。

美術館や公園などは一人でゆっくり満喫するが好きな人には向いている

個人的には美術館は誰かと行くより一人でゆっくり見て回りたい派です。

イヤホンガイドがある美術館も多く聞きながら一日かけてひとつの美術館を回ってみたいです。

一人で入れるお店が多い

ふらりと入れるカフェがたくさんありますが、有名店に行くのも楽しいです。

ラデュレなどはパリ市内に複数店舗があり、朝食からスイーツまでお洒落な店内でいただけます。

また、カジュアルなフレンチならランチタイムは全く問題なく入れます。

買い物も楽しめる

ギャラリーラファイエットやプランタンなどのデパートやブランドの路面店、パッサージュなど買い物スポットもたくさんあります。

モンサンミッシェルやワイン畑などパリからのツアーが充実している

日本から手配することもできますが、現地での申し込みも可能です。

ひとりでは行きづらい場所やムーランルージュやリドなど帰りが深夜になる場所はツアーが便利です。

場所を選べば安全なので深夜でも一人で楽しめる

凱旋門やエッフェル塔など中心地は深夜でも安全なので、ライトアップを見に行くことができます。

フランスの悪い点

次に悪い点です。

パリの北側は治安が悪い

北駅周辺は治安が悪いようです。
モンマルトルの近くでも昼間でも街並みが荒れていて危険を感じる地域がありました。

メトロもスリが多いので気をつける必要があります。

まとめ

今回は女子が一人旅をする時におすすめの旅行先の国ベストスリーを紹介しました。

第1位 フランス(パリ)
第2位 ベルギー(ブリュッセル)
第3位 マルタ島

それぞれの国にメリット、デメリットありますが、実際に行ってみるとどこも素晴らしい国です。

ぜひ一度、行ってみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました